肌の免疫力を上げる方法

肌の免疫力を上げる方法

体の免疫力を上げると、病気にかかりにくく健康的な毎日を過ごすことができると言われていますが、実は肌にも同じことが言えるのです。美肌を得るための、肌の免疫力を上げる方法とはどのようなものなのでしょうか。

洗顔のしすぎで肌の免疫力が低下

過剰に洗顔をしてしまうことは、肌の免疫力を低下させるだけです。
皮脂は悪者扱いされることが多いですが、免疫力を正常に維持するために欠かせないのです。
乾燥肌の状態で海水浴に行くと、真っ黒になるまで日焼けしてしまうでしょう。
人によっては真っ赤になりますが、いずれにしても強烈な紫外線のダメージをまともに受けています。
適度な皮脂が乗っている普通肌状態の方なら、紫外線のダメージをかなりブロックできます。
洗顔後にクリームを使用するのは、洗顔で落としてしまった油分を補給するためなのです。

洗顔の回数は1日1~2回でもいいのです。
朝の洗顔、入浴時の洗顔の2回が基本となります。
過剰な皮脂が気になるときは、あぶらとり紙で拭き取っておくといいでしょう。
1日に何度も洗顔をすると皮脂が不足してしまい、肌の免疫力が確実に低下します。
紫外線のダメージを受けやすい方は、将来の肌がボロボロになると考えていいでしょう。
紫外線を浴びた直後はシミ・シワなどがなくても、卵は確実に成長しています。
今どれだけ紫外線を浴びているかにより、10年後の肌状態が決まってくるのです。
ツルツル、モチモチ状態を維持したいのであれば、乾燥は防がなくてはいけません。

洗顔は少なすぎると皮脂分泌を増やしますが、逆に多すぎても皮脂を増やしてしまうのです。
1日1~2回の洗顔に留めておくのが、普通肌を維持するために最もよいのです。
何度も洗顔をして乾燥を招いてしまうと、バリア機能が急激に低下します。
それを補うために過剰な皮脂が分泌されて、テカテカ状態になってしまうのです。
テカテカが気になるので1日に何度も洗顔することは、まったくの逆効果というわけです。
何事にも限度があり、ほどほどが一番いいのです。

■良い脱毛方法を知りたいならこのサイト
ムダ毛処理が面倒ならレーザー脱毛